企業に合わせたコンセプトでオフィスデザインを行う

建築会社に依頼して理想の空間を作ろう

元通りに戻す

現状回復とは

現状回復とは、読んで字のごとく、現状を回復することであり、この問題によって、不動産会社や家主と借り主との間で、トラブルになることもあります。 現状回復を巡っては、時には、裁判沙汰にまで発展するケースもあることから、不動産会社においては賃貸契約を締結する際には、事細かに内容の理解を求める姿が見られるようになってきました。 また、飲食店をはじめとする店舗においても、廃業や閉店などをして、退去する際には、現状回復を求められるのが、通常であるとされます。そんな中において、現状回復をするにあたり、多くの費用がかかる場合も十分ありますので、敷金や保証料などによって、現状回復をするというのが、一般的であります。

現状回復のルール化

住宅の賃貸物件等で必ず大家側から求められるのが現状回復です。 この現状回復については、通常は敷金を借りる際に家賃相当分1か月分であったりあるいは2か月分といった具合に、あらかじめ大家側に支払っているのが通例となります。 ただし、この敷金における現状回復について大家側や不動産会社側から現状回復以外での費用と見られる行為が行われているという問題があって、国においては関係する民法等の改正に着手しているとされています。 今後は、敷金等においては明文化された条文のもとで、しっかりと処理がなされるようになる予定ですので、関係する諸経費についてのガイドライン等の作成が行われる予定となっていることが、国の方針として示されるとされています。