企業に合わせたコンセプトでオフィスデザインを行う

建築会社に依頼して理想の空間を作ろう

交換する

コンセント交換は意外と安かった

家電製品の「コンセントの調子がどうもおかしい」、あるいは「コンセントが抜き差ししにくくなってしまった」、そんなときはコンセント交換が必要です。そのまま放置しておくと、家電製品の故障の原因となってしまったり、最悪の場合には火災の原因となることもあります。 コンセントを交換してくれるのは、電気工事店や住宅のリフォームを行っている会社です。 コンセント1つあたりの工賃は、一つあたり2千円から3千円が相場となっています。ただし、工賃のほか、交換して新しく取り付けるコンセントの購入代金がかかります。コンセントひとつあたり、価格は500円から千円程度です。化粧板というコンセントの周りを覆っている部分が凝ったデザインのものに交換すると、相場よりも20%程度高くなります。

火災の原因にもなる古いコンセントは早めに交換

古くなったコンセントは、差込口が緩くなると埃がたまりやすく、それが原因での火災は高い割合を示します。スイッチのカバーのみだと、ドライバーがあれば簡単に交換できます。中の配線などをいじらないといけない場合は、電気工事の資格がないと触れないので業者を頼んで交換してもらいます。 ただ、電気は目には見えないものなので少なからず感電の危険性は発生します。コンセントを交換する程度なら比較的安価にプロに頼めるので、不安な人や初めての人はお願いしてしまうのもオススメです。 また、コンセント交換には火事危険性を防ぐという防犯上の理由の他にも、コンセントの数自体を増やすなど実生活に便利に改造するほか、インテリアの一部としてお洒落なコンセントカバーに交換するといった理由でも行われます。